リサイクルの必要性とは

インク

品質と費用との両立とは

キャノンが開発した複写機やレーザープリンターでは、トナーをカートリッジに充填させたトナーカートリッジを装着させる方式を採用しています。基本的に、新品のトナーカートリッジを生産することは、廃棄物を生み出したり、資源の消費を促進させたりすることに繋がってしまうことから、キャノンでは、地球との共生をテーマに掲げて、世界規模でトナーカートリッジリサイクルプログラムに取り組んでいます。具体的には、使用済みのカートリッジを分解し、新品のカートリッジに再利用することを想定した製品作りを実現させています。また、この取り組みは、カートリッジの品質管理の向上を生み出し、リサイクル品が新品と常に同等レベルの品質を保つことを目指しています。キャノンでは、トナーカートリッジリサイクルプログラムを順調に進める為に、リサイクルボックスを設置し、各方面にトナーカートリッジの回収を呼び掛けています。つまり、リサイクルが順調に行われることは、高品質と低価格の両立を生み出すことに繋がりますので、利用者の協力無しでは成り立ちません。更に、複写機やレーザープリンターのメンテナンスを怠らないことが、印刷品質を保つことに繋がります。このように、キャノンでの取り組みは、メーカーとしての責任を十分に果たしていると言えます。また、メーカーが保証してくれるリサイクル品が提供されるということは、それだけで十分なコストパフォーマンスを発揮していることになり、多くの利用者からの支持を得られることに繋がります。

Copyright© 2017 ビジネスホンならリースで契約しよう【メリットを詳しく紹介】 All Rights Reserved.