OA機器消耗品購入の際は

インク

長期的なコスト考慮が重要

OA機器と呼ばれる機器は非常に多く、複合機やプリンター、シュレッターなど様々です。ビジネスフォンなどもOA機器の1つと言えます。その中でもレーザープリンターは多くにオフィスにおいて必須と言えるOA機器です。キャノンなどのレーザープリンターは特に多くのシェアも持ち、オフィス以外だけでなくご自宅でも非常に多く使用されています。キャノンのレーザープリンターにはトナー(インク)が必要です。トナー購入の際のポイントですが、メーカーから直の購入は値引きがほとんど期待できませんので最も高額になります。逆に最も安価に購入できるのがインターネットを使った通販です。キャノン製プリンターなどは多くのサイトで消耗品が販売されています。メーカー運営の通販であれば保証の範囲も広くなります。キャノン製だけでなくトナーを購入する際のポイントとしましては購入の際の価格だけでなく、購入後の保証についても考慮する必要があります。非常に安価なトナーになりますと、純正トナーとは成分が全く異なり、思わぬトラブルを引き起こす可能性があるからです。具体的にはプリント時の汚れが多いです。トナーは機種により焼付け温度が異なりますので、裏紙を使用される場合などは特に表面印刷後のトナーが裏面に写ったり、ひどい場合ですと定着部での紙詰まりを引起す場合があります。また、トナーが原因と見られる修理の場合にはメーカー修理を断られるケースや、保証期間内であっても保証が効かないケースもあります。

Copyright© 2017 ビジネスホンならリースで契約しよう【メリットを詳しく紹介】 All Rights Reserved.