抜群のシェア率を誇る

インク

手配が容易

オフィスにとってコピー機や複合機は、業務上なくてはならないものと言えるでしょう。コピーやファックスもちろんのこと、ネットワークプリンタとしても大活躍します。そんな中でもキャノン製品のシェア率は高く、多くのオフィスで見かけることが出来ます。コピー機や複合機を使っていて、使用する側が普段気になるのはトナーでしょう。必要な時にトナー切れを起こしてしまうということもないとは言えません。仕事の上で大きなダウンタイムにもつながります。しかし、キャノン製を使用していると、仮にトナーが無くなってしまっても、広範囲な販売店網が形成されているため、比較的容易に手配をすることが出来ます。これは他社にはあまり見ることが出来ない強みとなります。キャノン製はシェア率が高いことでも知られていますが、多種多様な製品ラインナップを誇っています。販売店はその分の消耗品は確保しておく必要があることから、問い合わせした販売店に在庫がなくても、近隣の店舗から取り寄せが可能です。豊富なラインナップと広範囲な販売店網の形成は、とっさのサービス提供にも対応してくれます。あとは何といっても、キャノンと言うブランドの安心感があります。シェアが高く世間で多く使われていると言うことは、単純に安いからと言うことだけではなく、キャノンと言うブランドへの安心感がもたらしてくれるものだと感じます。当然ながらトナーもブランドの安心感を持って使うことが出来ます。

Copyright© 2017 ビジネスホンならリースで契約しよう【メリットを詳しく紹介】 All Rights Reserved.