リサイクルの必要性とは

インク

キャノンでは、世界規模でトナーカートリッジリサイクルプログラムに取り組み、カートリッジの再利用を想定した製品作りを実現させています。このことから、リサイクルの順調な実施は、カートリッジの品質管理の向上を生み出し、更に、カートリッジの高品質と低価格の両立を生み出すことに繋がります。

詳しく見る

初期費用を抑え節税対策

オフィス

オフィス新設では、ビジネスホンをリースにすれば、初期費用を抑えることができます。しかもリース料金は一部が経費として認められるので、節税対策にもなるのです。加えて、固定資産税の支払いも不要となります。さらに契約期間が終われば再契約や買取ができます。買取の場合、本来よりも安い中古価格となります。

詳しく見る

抜群のシェア率を誇る

インク

コピー機や複合機はオフィスにとって必需品とも言えます。キャノン製はシェアも高く、販売店網も広範囲のため、トナー切れを起こしても比較的容易に手配することが可能です。これは他社ではあまり見ることが出来ない特徴と言えます。

詳しく見る

導入コストが数十分の一

固定電話

導入コストを大きく削減できるのが、ビジネスホンをリースするメリットです。新規に事業を立ち上げる際に、多数のビジネスホンを購入するには多額の費用が必要となります。しかし、リースすれば、導入コストは数十分の一にまで少なくなります。

詳しく見る

OA機器消耗品購入の際は

インク

キャノン製プリンターは特に多く出回っていますので、トナーなどの消耗品購入価格も安くなっています。インターネット通販でも純正品であればほとんど問題ないはずですが、心配であれば1度メーカーに確認される事をおすすめします。

詳しく見る

オフィス用の高性能電話機

女性

少ない負担で導入

ビジネスホンとはオフィス用の電話機のことで、これには家庭用のものと比較すると様々な機能がついています。たとえば保留機能はもちろん、内線機能や自動録音機能などもついているのです。また電話が込み合っている時に自動音声で応対し、スタッフの手が空いた時に順次転送する機能、電話をかけてきた人の要求に合わせて適切な部署に転送する機能などもついています。そのためビジネスホンはオフィスでは非常に役立つのですが、これだけ高性能となっている分、導入には多くの費用がかかります。オフィスの規模や導入台数によっては、購入に数百万円かかることもあるのです。そのため多くのオフィスが、購入ではなくリースを選択しています。リースでは一定期間ごとの使用料金の支払いは必要となりますが、一括で購入する場合と比較すると、負担は少ないのです。しかもリースの場合、様々なメーカーのビジネスホンを選択できます。ビジネスホンごとに特徴や機能が異なっているので、その中で最も自社に都合の良いものを選んで、契約できるのです。中には中古のビジネスホンもあり、それをリースする場合は、費用負担がさらに軽くなります。またリース会社によっても異なりますが、通常はアフターサービスも充実しています。リース中に故障した場合には、無料で適切なメンテナンスが行われたり、問題のない機種に交換してもらえたりするのです。ただしメーカーの保証期間が終わっている場合は、メンテナンス料金が別途かかることが多いので、その点は契約前に確認しておきましょう。

Copyright© 2017 ビジネスホンならリースで契約しよう【メリットを詳しく紹介】 All Rights Reserved.